『あなたの好きなドラマ』はいつも困難

タロットの館~2度目の部屋~

080-5622-1732

〒740-0018 山口県岩国市麻里布町3-10-4 2F

受付時間 / 火・水・木・土 10:00~16:00

lv

『あなたの好きなドラマ』はいつも困難

2度目のブログ

2019/04/12 『あなたの好きなドラマ』はいつも困難

どもん♪

 

タロット・レイキヒーラー

 

Ayumiです(*´ω`*)

 

 

 

 

 

 

 

みんなが好きなドラマって何?(*´ω`*)

 

あ、アニメでも小説でも良い☆

 

 

ドラマでもアニメでも小説でも映画でも

 

ぜーーーーんぶの物語に共通して言えることがある。

 

 

それは

 

 

物語はいつも困難の連続

 

 

ということ(*´ω`*)

 

 

 

 

これは認めないといけないと思うんだけど

 

要するに

 

 

人は困難が大好きだ

 

 

ということ(*´ω`*)

 

 

 

 

102438

 

 

 

だから人はどこか

 

困難とか悩みを

 

自分から作っちゃうとこ、ある(;´・ω・)

 

 

 

私ね、摂食障害の過食嘔吐してる時

 

『食べ物を吐くだなんて人間の理に反することして

 

なんて人間として最低なんだ。

 

もう人間じゃない。

 

こんな私の事、みんな嫌いだろう』

 

って本気で思って

 

人目を避けて

 

心の中で『生きててごめんなさい』って思いながら

 

生きてたんだけども。

 

 

 

いやでも、私の周りの人は

 

誰も私のこと嫌いって言ってねぇな(・ω・)

 

陰ではいろいろ言われてたかもしれないけど

 

直接言われてないんだから関係ねぇな(・ω・)

 

って気づいて。

 

 

過食嘔吐をしてることは本当。

 

 

でも文句を直接言われてないのも本当。

 

ちゅーか過食嘔吐ってばれてもそれで??

 

誰にも迷惑かけてないじゃん(・ω・)

 

 

ってか摂食障害のことよく知りもしない人に

 

文句を言われたって落ち込むことなくない?

 

 

私には過食嘔吐をしないと保ってられない事情があって

 

それをみんなに説明したとして

 

みんながわかる訳じゃない。

 

いろんな考え方があるんだからさ。

 

って事に気付いた。

 

 

 

私の事追い込んでたの

 

誰かじゃなくて

 

私だったのね。

 

 

 

%e6%a4%8d%e7%89%a9%e3%80%80%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3

 

 

 

ちなみに

 

あなたは以下ようなドラマを

 

どのように思うだろうか??

 

 

『朝起きてオレンジジュースで目を覚まし

 

小鳥がさえずる小道を散歩。

 

大好きなコーヒーとともに朝食を済まし

 

大好きなお仕事にいって午前中をこなす。

 

昼食は新しくできたイタリアンで

 

気の合う同僚とランチ。ここのパスタなんておいしいの。

 

午後からも大好きなお仕事を

 

大好きなみんなと協力しながら仕事をスムーズに片づけ

 

1時間ほどジムで体を動かす。汗をかくのって気持ちいい。

 

帰宅して野菜多めを意識して作った

 

栄養満点の夕食をいただく。

 

アロマを準備し

 

心地よいベッドで眠りにつく。

 

お金も人間関係も仕事も健康も家族も

 

なぁあああああんにも問題なくて

 

すごく幸せでhappy(*´ω`*)♡』

 

 

 

なドラマなんて

 

 

誰が観るの?(笑)

 

 

30秒で終了でしょ?(笑)

 

 

 

そう、

 

 

 

 

幸せだけの物語って

 

 

みんなつまらない。

 

 

 

 

そして以下の物語は

 

いかが思うだろうか?

 

 

『突然町に地球外生命体が来て

 

家族、知人、いろんな人がさらわれた。

 

無我夢中で逃げて

 

気付くといつの間にか、僕ひとり。

 

『あぁ。。このまま一人なのか。。』

 

っと地面にうずくまる。

 

 

これから先、どうすればよいのか、という気持ちと

 

家族たちがあの地球外生命体に

 

苦しめられる姿とが交差する。

 

絶望という気持ちはこういう気持ちなのだろうか。

 

逃げ場のない気持ちに僕は何もできないままでいると

 

『来て』

 

 

頭の上で、声が聞こえた。

 

ふと見上げると

 

そこにいたのは白いワンピースを着た

 

17歳くらいの女の子。

 

僕は戸惑いながらも

 

久しぶりに人に会ったことに喜びを感じた。

 

女の子はそれ以上何も言わず

 

ワンピースを翻し、スタスタと歩き出した。

 

僕は置いていかれないように急いで起き上がり

 

女の子の後ろについていく。

 

すると突然

 

 

僕の愛する人たちを殺した

 

 

あの地球外生命体が現れて。。。( ゚Д゚)!!!ヒョエエエ』

 

 

 

 

と、まぁこんな感じで。

(小説風にしてみた)

 

 

 

最初の『幸せ、ハッピー物語』より

 

『地球外生命体がきた物語』のほうが

 

続きを観たいと思わなかったかい?

(私の文章力のなさは今は言うな(;´・ω・)←)

 

 

 

 

だから困難とか悩みはある方が良いって

 

どこか思ってんだよね。

 

人の不思議な心理(´・ω・)

 

 

 

20180703_180705_0013

 

 

 

でもでもでも、もちろん

 

人生ってやつは

 

『大変な時』

 

『困難な瞬間』

 

『どうしようもできない』って、ある。

 

 

 

それは『自分が作りだした困難なドラマ』ではなくて。

 

 

あなたが大変と感じてるんだから

 

 

それは本当に大変で困難。

 

それは否定してないのよ。

 

 

 

だけどその大変で困難な状況を

 

『わざわざ

 

それこそドラマのように

 

辛いほうに考えちゃってないか』

 

ってこと。

 

 

 

 

例えば私にみたいに

 

過食嘔吐してるとみんなに嫌われてるんだ

 

とか思っちゃうこと。

 

 

大変な出来事は事実、はあるけど

(摂食障害はあるけど)

 

 

ドラマみたいに大きくする必要はないってこと。

(私みんなに嫌われるんだ、と思う事は

ドラマを大きくするだけ)

 

 

 

 

 

大切なのは

 

大変な状況が来た時に

 

 

『それをどうやって乗り越えようか』って

 

 

思うことだけに集中することだよね。

 

 

 

 

 

もう無理。

 

人生終わった。

 

そう思うはしょうがない。

 

 

 

人間だもの。

 

 

 

でも『落ち込んだあと』

 

『じゃぁどうするか?』が大事。

 

 

他人がどう思うかな、

 

こんな私は不幸。。

 

って『まだ起きてもない不幸な物語』を考えるから

 

『不幸なドラマ』って始まるんだよ。

 

 

 

この仕組み

 

みんなに知ってて欲しいな。

 

 

 

 

 

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%80%80%e6%80%9d%e3%81%84%e3%82%84%e3%82%8a

 

 

 

TOP